本文へスキップ

公益財団法人リヴィーズ HANAZONOホスピタル    〒400-0001 山梨県甲府市和田町2968番地

お問い合わせは TEL 055-253-2228

E-MAil hanazono@liveith.jp

病院案内Hospital guide

理事長ごあいさつ

院長写真  精神医療は「病院から地域へ」大きな転換期を迎えており、それに伴って新たな精神科病院のあり方が求められています。
 当院は、昭和30年の開設以来「精神障がい者とともに創造する医療共同体社会の構築」を基本理念として運営され、精神障がい者の社会復帰に力を入れてきました。
 今後、精神医療は病院という限られた場所で行われるだけでなく、地域全体を治療の場としてとらえ、障がい者が自分らしく自由で、活き活きとした生活を送ることが出来る社会を創る必要があります。その為にも当院が地域に密着し、開かれた精神科病院として一層発展していくことが必要です。
 近年、その為にグループホームの運営、認知症疾患治療病棟(現特殊疾患病棟)福祉ホームB型の新築を行い、同時に院内の機能分化を進めてまいりました。
 今後、当院の立地条件を生かした「総合的精神科リハビリテーション病院」として、急性期治療から社会復帰リハビリテーション治療、また地域での生活を支援する「ケア・マネージメント」や「アウトリーチ型医療」を行う治療体制を整え、地域の精神科基幹病院として高度の専門性を維持し、質の高い精神医療を提供するよう一層の研鑽に努めていくことが求められます。
 平成23年3月14日には新病院も完成しました。
 ソフト面だけだなくハード面も更なる強化を加えて、これらの課題に対する取り組みを進めてまいります。
 理事長 山角 駿
 
  また、平成24年4月1日をもちまして県より認定を受け、「公益財団法人リヴィーズ」へと移行すると同時に、「HANAZONOホスピタル」と病院名称も変わりました。
 福祉ホームB型につきましても共同生活支援・介護施設へと変更し新たな気持ちで取り組んでまいります。  今後もこれまでと同様に、ノーマライゼーションの理念の基に障がい者が共に暮らすことが出来る共生社会の実現を目指し、地域社会の精神保健・医療・介護・福祉の向上に寄与するとともに人間愛に基づいた人に優しい医療・介護・福祉サービスを提供し、社会に貢献してまいる所存です

  

診療科目

 精神科

許可病床数

 234 床

   精神科一般病棟(B病棟)       66 床
   精神科療養病棟(A/C病棟)    120 床
   特殊疾患病棟 (L病棟)       48 床  

在籍医師

常勤  4名
非常勤 11名
     

施設基準等     

生活保護法指定医療機関 医療観察法に基づく鑑定入院医療機関
医療観察法に基づく指定通院医療機関 救急医療管理加算の届出 
入院時食事療養(T) 精神病棟入院基本料15:1、看護補助加算1の届出
看護配置加算の届出 療養環境加算の届出
特別の療養環境の提供に係わる報告・届出 精神療養病棟入院料の届出
精神科デイ・ケア(大規模) 「特殊疾患病棟入院料2」の届出
精神科ショート・ケア(大規模なもの) 重症者加算1の届出
精神科作業療法 薬剤管理指導料
  
 

基本理念

・ノーマライゼーションの理念の基に障がい者が共に暮らすことが出来る共生社会の実現を目指す
・地域社会の精神保健・医療・介護・福祉の向上に寄与する
・人間愛に基づいた人に優しい医療・介護・福祉サービスを提供し、社会に貢献する

基本方針

・障がい者の地域生活を支える全人的サービスを包括的かつ総合的に提供します
・障がい者の個人としての尊厳と人権を尊重した医療・介護・福祉サービスを提供します
・障がい者が自尊心と自信を回復し、地域で活き活きとした生活を送るために支援します
・専門性に基づいた医療・介護・福祉サービスを提供します
・科学的知見に基づいた適切で質の高い先進的な医療を提供します
・信頼性・安全性・透明性の高い、患者中心の医療を提供します
・精神障がい者の急性期医療から社会復帰医療まできめ細かい支援を行います
・地域住民の心の健康問題に対応します
・地域住民に親しまれる開かれた病院を目指します
・自然に囲まれたゆとりと安らぎのある明るい療養環境を提供します

    

HANAZONOホスピタル
 Psychiatric Hospital
花園病院

公益財団法人リヴィーズ
HANAZONOホスピタル
山梨県甲府市和田町2968番地
TEL 055-253-2228
FAX 055-253-8257